カルーツァ,T.F.E.(読み)かるーつぁ

世界大百科事典内のカルーツァ,T.F.E.の言及

【統一場理論】より

…つまり,数学的には完全であったが,ワイルの接続場は,実際の電磁場とは物理的に異なった性質をもたざるをえなかったのである。その後,22年にはドイツのカルーツァTheodor Franz Eduard Kaluza(1885‐1954)が別の型の統一場理論を提唱している。彼は五次元の時空から出発し,これを四次元に縮小すると重力場のほかに電磁場が現れることを示した。…

※「カルーツァ,T.F.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android