カワラボウフウ(読み)かわらぼうふう

世界大百科事典内のカワラボウフウの言及

【ボタンボウフウ】より

…若葉を食用とし,根を薬用とした。カワラボウフウP.terebinthaceum Fisch.はシラカワボウフウまたはヤマニンジンともいわれ,丘陵や山地のやや乾いた草地に生える多年草。茎は毛がなくて直立し,高さ30~90cm。…

※「カワラボウフウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android