コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントン(行政単位) かんとん

世界大百科事典内のカントン(行政単位)の言及

【スイス】より

…外国人居住者を含まないスイス人の使用言語別比率を1990年の調査で見れば,ドイツ語73.4%,フランス語20.1%,イタリア語4.1%,レト・ロマン語0.7%,その他1.3%となっている。主要言語すべてが国語と定められている上に,各カントンKanton(州)がカントン語を定め,各ゲマインデGemeinde(市町村)が学校教育をはじめ公的な使用語を決める自由を認められているので,スイスは〈言語の平和〉が保たれている。
[宗教]
 16世紀の宗教改革以降スイスでも宗派間の争いは激しかったが,現行憲法では信仰並びに良心の自由が認められている。…

※「カントン(行政単位)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報