コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンパニリズモ campanilismo

大辞林 第三版の解説

カンパニリズモ【campanilismo】

〔イタリアの各都市に建つ鐘楼(campanile)から〕
お国自慢。地元びいき。また、地元スポーツ-チームへの熱狂的応援。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカンパニリズモの言及

【イタリア】より

…都市であれ,農村であれ,日本の市町村に相当するコムーネは,数百年の伝統をもち,大都市域の拡大にともなって都市域に併合される場合を除いて,町村合併などということはない。カンパニリズモ(郷党主義)とも言われるコムーネのまとまりは非常に強い。 第2に注目されるのは,イタリアの県(プロビンチア)は,すべて中心都市(二つある場合もある)の名前によって呼ばれていることである。…

※「カンパニリズモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンパニリズモの関連キーワードcampanile鐘楼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android