コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブナ かんぶな

世界大百科事典内のカンブナの言及

【フナ(鮒)】より

…まず冬季は湖沼や大河川のやや深みの枯れた水草の陰などに潜んで越年する。この季節のフナを寒鮒(カンブナ)と称し,釣果は少ないが,脂肪がのって美味なので漁業者も釣人も好んで出漁する。早春に入ると暖かい日などにはわずかずつ越冬個所を離れて索餌する。…

※「カンブナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android