コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンムリシファカ かんむりしふぁか

世界大百科事典内のカンムリシファカの言及

【シファカ】より

…インドリに近縁な霊長目インドリ科シファカ属に属する原猿の総称。シファカ属は,カンムリシファカPropithecus diademaとベローシファカP.verreauxi(イラスト)の2種がいるが,そのそれぞれが体色の顕著な変異に基づいて多くの亜種に分けられており,これらを二つの種にまとめることには異論もある。ただ,前者はマダガスカル島東海岸沿いのより湿潤な地域に,後者は西海岸沿いのより乾燥した地域に分布しており,分布域は重複していない。…

※「カンムリシファカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンムリシファカの関連キーワードシファカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android