コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カークブライド,D. かーくぶらいど

世界大百科事典内のカークブライド,D.の言及

【ウンム・ダバギヤ】より

…1940年代後半から60年代まで,この地域ではハッスナ遺跡が最古の農耕村落遺跡として著名であったが,断片的な資料しかなかった最下層Ia期に並行する時期の資料がここで多く発掘された。遺跡は100m×85m,文化層の厚さ約4mで,71‐74年に計4回,カークブライドD.Kirkbrideが隊長として発掘した。4層に分けられ,どの層もすべてハッスナ文化以前に位置づけることができるので,プレ・ハッスナ文化,ウンム・ダバギヤ文化,あるいはテル・サラサートの発掘で確認されたことからサラサート文化の各名称が提唱されている。…

※「カークブライド,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android