コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア語 がりあご

世界大百科事典内のガリア語の言及

【ゴール語】より

…ガリア語ともいい,一般にケルト語派のうちの大陸ケルト語の称。北イタリア,フランスなどのガリアの地で行われたが,5世紀にはラテン語の勢力に吸収されて滅んだ。…

【フランス語】より


[フランス語の成立]
 今日のフランス,すなわち古代ローマ人がガリアと呼んでいたケルト人居住地の大半を占める地域は,カエサルによる征服(前58‐前51年)の結果,完全にローマの支配下に入った。それに伴い,征服者の言語であるラテン語は土着のケルト系(ケルト語派)のガリア語にしだいに取って代わっていった。ラテン語はまず都市部を中心に浸透し,農村や山間部に残っていたガリア語も5世紀ころには消滅したらしい。…

※「ガリア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリア語の関連キーワードCylillic Language Kitスターラ・プラニナ[山脈]セルビア語/クロアチア語ブルーノ モンサンジョン古代教会スラブ語ブルガリアの要覧古期教会スラブ語ベリコ・タルノボマケドニア問題スタラプラニナブルガリア文学ルーマニア語ドナウ[川]マケドニア語ブルガリア語バルカン山脈ボゴミル派レスキーンキリル文字ブルガリア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android