コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヒバリ きひばり

1件 の用語解説(キヒバリの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヒバリ
きひばり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキヒバリの言及

【ビンズイ(便追)】より

…繁殖期に,雄は木のこずえにとまってヒバリに似た調子で複雑な歌をさえずり,ときには空中に飛び立ってさえずりながら舞い降り,ほかの木に移る。木の上によくとまることから,一名キヒバリとも呼ばれた。開けた明るい林のなか,林縁,低木がまばらに生える丈の低い草地の地上に皿形の巣をつくり,1腹3~5個の卵を産む。…

※「キヒバリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone