キムネチュウハシ(読み)きむねちゅうはし

世界大百科事典内のキムネチュウハシの言及

【オオハシ(大嘴)】より

…メキシコからアルゼンチンにかけて約37種が分布する。 オオハシ科は大型のオオハシ類,中型のチュウハシ類,小型のコチュウハシ類,ヤマチュウハシ類,ミドリチュウハシ類に分けられ,代表種としては,全長64cm,橙色のくちばしをもち,羽色は黒色で,顔,胸,腰が白く,下尾筒が赤いオオオオハシRamphastos toco(イラスト),全長37cm,黄色と暗赤色のくちばしをもち,頭から胸が黒く,上面が緑色,下面が黄色のキムネチュウハシPteroglossus viridisがいる。【斎藤 隆史】。…

※「キムネチュウハシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android