コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャット・クレイ きゃっとくれい

世界大百科事典内のキャット・クレイの言及

【土壌型】より

…パイライトFeS2を含む海底または湖底の堆積物から生成した土壌が乾陸化すると,FeS2が酸化されて遊離の硫酸が生じ強酸性(pH3)になる。このようにして生成した酸性硫酸塩土壌はジャロサイトKFe3(SO4)2(OH)6などの塩基性硫酸第二鉄化合物を含むためネコの糞のような黄色を呈するのでキャット・クレイともよばれる。 熱帯・亜熱帯の塩基性岩や石灰質岩からなる地域の微凹地にはバーティソル目に属する種々の土壌型が存在する。…

※「キャット・クレイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android