コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャパシタ きゃぱした

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キャパシタ

電気二重層の現象の原理を応用した蓄電池のこと。電気二重層とは1879年にドイツのHelmholtz氏によって発見された現象で、この現象を活用すると、水をバケツにくみ取るように、電気を直接くみ取り一時的に蓄電できる。電気を電気のままエネルギーの化学反応なしで充放電でき、しかも原理的には半永久的に使用できる理想的な蓄電装置といわれている。なお、大容量のキャパシタの開発は、技術的に困難とされているものの、現在、電動製品のコードレス化やUPSなどの非常用電源、ソーラー電力の貯蔵などさまざまな実用化に向けた研究が進められている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャパシタ

コンデンサ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キャパシタの関連キーワードフォスターのリアクタンス定理リチウムイオンキャパシター電気二重層コンデンサー電気二重層キャパシターウルトラキャパシタースーパーキャパシターヘヴィサイドの方程式特性インピーダンスパラメトリック回路単電子トランジスタオーウェンブリッジ可変コンデンサー多層プリント基板ホンダ FCXインピーダンスキャパシタンスインダクタンスホプキンソンコンデンサー分布定数回路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャパシタの関連情報