コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュフホイザー きゅふほいざー

世界大百科事典内のキュフホイザーの言及

【フリードリヒ伝説】より

…シュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世が死去したとき(1250)にも,ある女預言者が〈皇帝は生きているが生きていない〉と預言したこともあって,その死を信じない者は多く,皇帝はエトナ山に引きこもったと考えられていた。この伝説はドイツでは偽(にせ)のフリードリヒ(1284年か85年のティレ・コルプなど)を生み出すきっかけとなったが,やがてハルツ山地のキュフホイザーKyffhäuserの山の洞穴で世界に終末が訪れるまで眠っている皇帝についての伝説が形成されてゆく。中世末にはこの伝説の主人公はフリードリヒ1世に変わり,19世紀にはリュッケルトFriedrich Rückertのバラードによって国民的伝承となり,ナポレオンに対する解放戦争のなかではドイツの希望のしるしともなった。…

【山】より

…山には王や英雄ばかりか軍勢まで死後にすんでいるという伝説が西ヨーロッパに多い。ドイツのハルツ山地にあるキュフホイザーKyffhäuserにはフリードリヒ2世(のち1世赤髭王に結びつけられる)が座ったまま待機していて祖国存亡の時がくると兵を率いて駆けつけるという(フリードリヒ伝説)。死者が山にすむという信仰から,山はまた小人や妖怪,悪魔,幽霊が寄り集まる所ともされた。…

※「キュフホイザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone