コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレエフスキー,I.V. きれえふすきー

世界大百科事典内のキレエフスキー,I.V.の言及

【キレエフスキー兄弟】より

…ロシアの貴族の出身。兄イワンIvan Vasil’evich Kireevskii(1806‐56)はスラブ派の代表的な哲学者。1820年代半ばV.F.オドーエフスキー公爵の〈愛智会〉でシェリング哲学を学び,ドイツ・ロマン主義の影響を受ける。30年にドイツ遊学,シェリング,ヘーゲルらと交遊。32年に雑誌《ヨーロッパ人》を主宰して巻頭論文《19世紀》を書き,キリスト教世界としての西欧とロシアとの一体化を説いたが,この欧化主義を立憲主義と解釈した当局により,雑誌は2号をもって停刊,本人も蟄居(ちつきよ)を命ぜられた。…

※「キレエフスキー,I.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android