コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレエフスキー,I.V. きれえふすきー

世界大百科事典内のキレエフスキー,I.V.の言及

【キレエフスキー兄弟】より

…ロシアの貴族の出身。兄イワンIvan Vasil’evich Kireevskii(1806‐56)はスラブ派の代表的な哲学者。1820年代半ばV.F.オドーエフスキー公爵の〈愛智会〉でシェリング哲学を学び,ドイツ・ロマン主義の影響を受ける。30年にドイツ遊学,シェリング,ヘーゲルらと交遊。32年に雑誌《ヨーロッパ人》を主宰して巻頭論文《19世紀》を書き,キリスト教世界としての西欧とロシアとの一体化を説いたが,この欧化主義を立憲主義と解釈した当局により,雑誌は2号をもって停刊,本人も蟄居(ちつきよ)を命ぜられた。…

※「キレエフスキー,I.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android