コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインタ・エッセンティア くいんたえっせんてぃあ

世界大百科事典内のクインタ・エッセンティアの言及

【錬金術】より

R.ベーコン,アルベルトゥス・マグヌス,トマス・アクイナスなど当時のキリスト教会の最も偉大な聖職者たちの心も,錬金術思想に強くとらえられた。これまでは排斥されていたアリストテレス哲学が,神的な自然の光を理解させるものとしてキリスト教世界に受容され,その第五元素の考え方は,天界のものが地上に深く及んでいるという錬金術特有の発想とあいまって,クインタ・エッセンティアquinta essentia(〈第5のエッセンス〉の意。英語ではquintessence),つまり,ものの〈精髄〉として重要視された。…

※「クインタ・エッセンティア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android