コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クエン酸クロミフェン くえんさんくろみふぇん

世界大百科事典内のクエン酸クロミフェンの言及

【排卵誘発薬】より

…排卵誘発には多くの方法があり,エストロゲンプロゲステロンを周期的に投与する方法,エストロゲンを一時的に大量投与する方法など卵巣性ステロイドホルモンを用いる方法が古くからあり,現在でも用いられてはいるが,この方法を用いることは少なくなってきている。排卵誘発薬として現在最も広く用いられているのは,クエン酸クロミフェンclomiphene citrate(商品名クロミッド)に代表される非ステロイド性の抗エストロゲンで,これを,5~10日内服させる方法である。クロミフェンは脳の視床下部,脳下垂体レベルでエストロゲンレセプターと結合し,それがきっかけになって,内服開始してから12日目ころに脳下垂体前葉からゴナドトロピンの大量放出が起きて,排卵が起こるものと考えられている。…

※「クエン酸クロミフェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クエン酸クロミフェンの関連キーワード卵巣機能不全(卵巣機能低下症)排卵誘発剤の知識黄体機能不全不妊症

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android