コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クケー くけー

世界大百科事典内のクケーの言及

【活仏】より

…転生活仏の略語。チベット語ではトゥルク(sprul sku,化身)またはクケー(sku skyes,御転生)という。仏がこの世に出現させる化身の菩薩は,すべての人々が悟り救われるまで輪廻の世界に生まれかわって救済を続け,自分は理想とされる涅槃(ねはん)に入らないという《楞伽(りようが)経》の教えに基づいて,優れた僧をそのような菩薩とみなし,その死後49日間に受胎されて生まれた者のあいだから転生者を探し出す習慣が生じた。…

※「クケー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クケーの関連キーワード2サイクルエンジン(ツーサイクルエンジン)12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)ホンダ VFR800FIフリーアクセスフロア方式アンダーカーペット方式プロトコルアナライザーツイストペアケーブルマツダR360クーペエル・テニエンテ銅山カワサキ650ストレートケーブルリオ・ブランコ銅山ケーソン基礎工法アルミニウム合金シリコン整流器キャメルケースチェーンケースLANケーブルメタルケーブルトランシーバー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android