コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジャクバト くじゃくばと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジャクバト
くじゃくばと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクジャクバトの言及

【ドバト(土鳩∥鴿)】より

…長い飼育の歴史を通して,利用目的によりさまざまな品種がつくられた。これらの品種の中には,食用のもの(カルノー,モンダンなど),通信用の伝書バト(リエージュ,アントワープなど),鳴声を鑑賞するもの(トランペッター,タイコバトなど),飛行の巧みさを鑑賞するもの,姿の美しさを鑑賞するもの(クジャクバト,ジャコビンなど)などが含まれる。放飼いや飼鳥の逃げ出したものは半野生化して繁殖し,市街地,公園,神社,寺院などで見ることができる。…

※「クジャクバト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クジャクバトの関連キーワードエグモント国立公園ロイヤル国立公園土鳩・鴿飼い鳥