コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クダムラ くだむら

世界大百科事典内のクダムラの言及

【太鼓】より

…陸生動物は牛,羊,馬が一般的であるが,まれに犬,猫,鹿なども用いられ,近年では合成樹脂の膜も多く使用されるようになった。膜の数は1面または2面であるが,まれにインドのクダムラkuḍamura(壺太鼓)のように5個の口をもつ壺に膜が張られている例もある。 太鼓には一定の音高が定められているものと,そうでないものとがあるが,音の高さすなわち周波数は理論的には膜の直径に反比例,緊張力の平方根に比例,質量の平方根に反比例する。…

※「クダムラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone