コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトルク くとるく

世界大百科事典内のクトルクの言及

【突厥】より

…この方面では西突厥十部の中から,7世紀末に突騎施(トゥルギシュ)が独立し,8世紀初頭に西突厥は滅び,唐の支配も天山東部まで後退した。 7世紀末,唐支配下の東突厥の間に自立の気運が高まり,682年,阿史那氏の骨咄禄(クトルクQutlugh)が陰山山脈に拠って中国北辺の唐勢力を破り,かつての本拠地ユチュケン山を回復して,北方鉄勒諸部を討って頡跌利施(イルティリシュIltirish)可汗(在位682‐691)を称した。これ以後を突厥第二可汗(帝)国と呼ぶ。…

※「クトルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クトルクの関連キーワードクトルク・ボイラ(骨力裴羅)ビルゲ・カガン(毗伽可汗)ハラ・バルガスンキョル・テギン阿史那骨咄禄単于都護府ウイグル葛勒可汗白眉可汗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android