コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クネベナゲル縮合 くねべなげるしゅくごう

世界大百科事典内のクネベナゲル縮合の言及

【クライゼン縮合】より

…アルデヒド,ケトン,エステルなどのカルボニル基のα位に水素が存在する化合物(活性メチレン化合物)とカルボニル基を有する化合物の縮合反応の総称。1881年ドイツの有機化学者クライゼンL.Claisen(1851‐1930)によって最初に報告されたので,この名が付けられた。通常,エステルが関与する場合の反応をいうことが多い。触媒量のナトリウムをアルコールに加えた溶媒系中で反応が行われる。たとえば,酢酸エチルは触媒量のナトリウムエチラートNaOCH2CH3の存在下,エチルアルコール中で2分子縮合し,アセト酢酸エステルを生成する。…

【縮合】より

 人名反応もいくつかある。クライゼン縮合(式(5)),クネベナゲル縮合(式(6))などは工業的にも有用である。 これによく似た反応として,アルドール縮合とよばれる反応がある。…

※「クネベナゲル縮合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報