コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリオグロブリン くりおぐろぶりん

世界大百科事典内のクリオグロブリンの言及

【クリオグロブリン血症】より

…免疫グロブリンのクリオグロブリンが血清中に出てくる疾患。クリオグロブリンは,ウィントローブM.M.Wintrobeら(1933)によって初めて記載され,ラーナーLernerら(1947)によって命名されたもので,低温(0~4℃)で白濁沈殿し,37℃に加温すると再び溶解する特異な熱不安定性免疫グロブリンの総称である。…

※「クリオグロブリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クリオグロブリンの関連キーワード急速進行性腎炎症候群の原因となる病気WHOによる糸球体疾患の分類クリオグロブリン血症紫斑

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android