コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリオセラティテス Crioceratites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリオセラティテス
Crioceratites

白亜紀初期の異常巻きアンモナイト。その巻き方がヒツジの角を思わせるので crio (ヒツジ) ,ceras (角) ,tite (石) から合成された。模式的な開放巻きで,螺旋状にほどけ,各旋回の間がすいている。肋は密で丸く,周期的に太い肋があり,その上にはとげがある。かつてクリオセラスと呼ばれたものはこれに属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android