コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミア・タタール くりみあたたーる

世界大百科事典内のクリミア・タタールの言及

【クリム・ハーン国】より

…1475年オスマン帝国の宗主権下に入り,ロシア・東欧に対する緩衝国家の役割を果たしたが,18世紀に入りロシアの攻勢に直面,1783年ロシア帝国に併合された。クリミア半島のイスラム化とトルコ化はクリム・ハーン国時代にほぼ完了,住民はクリミア・タタール人と呼ばれた。【小松 久男】。…

【タタール】より

…人種的にはモンゴロイドで,ノガイ語を話す。(3)クリミア・タタール 約30万人前後。ステップの彼らはノガイの子孫であり,南岸のクリミア・タタールは,小アジアのトルコ人の子孫でそれぞれ異なる。…

※「クリミア・タタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリミア・タタールの関連キーワードムスタファ ジェミレフイズマル ガスプラルクリミア・タタール人スタールイオスコルステンカ・ラージンクリミア自治共和国クリム・ハーン国アフトゥイルカクリム・ハン国ラーコーツィ家シンフェロポリクリミア半島ガスプラルベルゴロドウクライナコノトープ露土戦争ラージンモスクワトルコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリミア・タタールの関連情報