コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレオール・イングリッシュ くれおーるいんぐりっしゅ

世界大百科事典内のクレオール・イングリッシュの言及

【アフロ・アメリカ文化】より

…クレオール語はハイチ,マルティニク,グアドループなどで話される,フランス語とアフリカ語との混合言語である。また英語圏カリブ海域で話される言語も,一般にクレオール・イングリッシュと呼ばれている。オランダ領カリブ海域で使用されている言語は,英語,スペイン語,オランダ語などの多混合言語で,それはパピアメントといわれている。…

※「クレオール・イングリッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android