コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレルボー第2教会堂 くれるぼーだいにきょうかいどう

世界大百科事典内のクレルボー第2教会堂の言及

【シトー会】より

…【橋口 倫介】
[美術]
 クリュニー修道院の大規模な教会堂,壁画,彫刻,豪華な聖具を批判し,神についての瞑想を妨げる虚飾を断罪したベルナールの指導下に,シトー会では,ロマネスク建築の枠内で,清貧を旨とする単純厳格な建築が生み出された。方形祭室,低い袖廊(トランセプト),階上間(トリビューン)やトリフォリウムをとり払い高窓から採光される身廊をもち,塔や鐘楼を排した簡素な無装飾の教会堂(1145年ころ完成のクレルボー第2教会堂など)は,12世紀後半以降のポルトガルからポーランドに至る娘修道院建設にあたり基本的形式となった。論理的構造を探究するシトー会の建築は,当時台頭しつつあったイル・ド・フランスのゴシック様式を吸収し,ヨーロッパ各地に交差リブ・ボールトを普及させることになった。…

※「クレルボー第2教会堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android