コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレルボー第2教会堂 くれるぼーだいにきょうかいどう

世界大百科事典内のクレルボー第2教会堂の言及

【シトー会】より

…【橋口 倫介】
[美術]
 クリュニー修道院の大規模な教会堂,壁画,彫刻,豪華な聖具を批判し,神についての瞑想を妨げる虚飾を断罪したベルナールの指導下に,シトー会では,ロマネスク建築の枠内で,清貧を旨とする単純厳格な建築が生み出された。方形祭室,低い袖廊(トランセプト),階上間(トリビューン)やトリフォリウムをとり払い高窓から採光される身廊をもち,塔や鐘楼を排した簡素な無装飾の教会堂(1145年ころ完成のクレルボー第2教会堂など)は,12世紀後半以降のポルトガルからポーランドに至る娘修道院建設にあたり基本的形式となった。論理的構造を探究するシトー会の建築は,当時台頭しつつあったイル・ド・フランスのゴシック様式を吸収し,ヨーロッパ各地に交差リブ・ボールトを普及させることになった。…

※「クレルボー第2教会堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone