クロアチア語(読み)クロアチアご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロアチア語
クロアチアご

「セルボ=クロアチア語」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

クロアチアご【クロアチア語】

セルビアクロアチア語のシュト方言のうち、特にイェ方言の呼称。ザグレブを中心に、ツルナゴーラ、ヘルツェゴビナ、ボスニア、クロアチア、ダルマチアなどで話されている。ローマ文化圏にあり、ラテン文字を用いる。 → セルビアクロアチア語 ・セルビア語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクロアチア語の言及

【セルビア・クロアチア語】より

…20世紀最後の10年まで旧ユーゴスラビアで最も有力な言語としてセルビア・クロアチア語(セルボクロアート語)と一言語の取り扱いを受けていたが,ユーゴスラビアの解体により,キリル文字を使うセルビア語とラテン文字を使うクロアチア語に分かれ,2言語とみなされるようになった。もっとも,セルビア語またはクロアチア語という言い方は以前からある。…

※「クロアチア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロアチア語の関連情報