クロイスター

大辞林 第三版の解説

クロイスター【cloister】

修道院・教会・大学などの中庭を囲んだ回廊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクロイスターの言及

【回廊】より

…古代末には,これらにならって神社にも回廊を用いるようになった。 キリスト教建築では,修道院内の中庭を囲む屋根付き列柱歩廊をさし,英語でクロイスターcloisterともいう。通例教会堂の南側ないし北側に接して位置し,周縁には大寝室,大食堂,厨房,集会室,貯蔵庫,修道士個室等が配され,教会堂とともに修道院建築の中心施設をなす。…

※「クロイスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android