コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロガラシ くろがらし

世界大百科事典内のクロガラシの言及

【アブラナ(油菜)】より

…とくに中国を中心に東アジアで多様な品種分化がみられる。(2)クロガラシB.nigra (L.) Koch(n=8で,ゲノムB) 英名はblack mustard。野生型は,冬季が比較的温和な地中海地域の雑草として分布する。…

【カラシナ(芥子菜∥芥菜)】より

…野生種であるがカラシナと同様漬物にして美味である。地中海沿岸域が原産地と考えられ,アブラナとクロガラシの交雑から生じた複二倍体の種である。カラシナと同様にマスタードの原料となるクロガラシB.nigra (L.) Kochはやはりヨーロッパ原産の植物で,種子は黒褐色で,褐色から明褐色のカラシナからは区別できる。…

※「クロガラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロガラシの関連キーワードカラシ油(芥子油)ミロン酸カリウムマスタードカラシナ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android