コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロヒメヤスデ くろひめやすで

世界大百科事典内のクロヒメヤスデの言及

【ヒメヤスデ】より

…典型的な土壌性ヤスデで森林土壌中に生息するが,洞穴にはコウモリの糞などの有機物を食物とする白化した真洞穴性の種類もある。日本全国にふつうに見られるフジヤスデのほか,山地で腐木に多いクロヒメヤスデなどがある。熱帯地方で体長10cm以上で,俗に〈万年筆〉と呼ばれる数種もヒメヤスデ類に属している。…

※「クロヒメヤスデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android