コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロ過安息香酸 くろろかあんそくこうさん

世界大百科事典内のクロロ過安息香酸の言及

【過安息香酸】より

強い酸化作用をもつため酸化剤として用いられるが,とくにエチレン結合のエポキシ化に有効である。このとき,爆発の危険がないことから,過安息香酸の誘導体であるm‐クロロ過安息香酸が実験室的エポキシ化反応に用いられる。また室温で,クロロホルム中で試料にやや過剰の過安息香酸を反応させ,未反応の過安息香酸を逆滴定することにより,エチレン結合の定量に利用される。…

※「クロロ過安息香酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クロロ過安息香酸の関連キーワードバイヤー=ビリガー反応過酸化ベンゾイルエポキシ化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android