コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グティエレス, G. ぐてぃえれす

世界大百科事典内のグティエレス, G.の言及

【解放の神学】より

…南米における軍政に抵抗して民主化を進める過程で,さらに中米革命の推進力として,解放の神学が果たした役割は大きい。代表的な解放の神学者には,先駆的・急進的な例としてコロンビアでゲリラ組織に加わり殉教したトレスCamilo Torres神父,《解放の神学》の著書で知られるペルーのグティエレスGustavo Gutiérrez,ブラジルの軍政と対決したカマラHerder Câmaraがいる。同じくブラジルの神父で著書《教会――カリスマと権力》において教皇庁の権力構造を批判したボフLeonardo Boffは,バチカンの査問を受けたのちに聖職を離脱する。…

※「グティエレス, G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android