コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラフ雑誌 ぐらふざっし

世界大百科事典内のグラフ雑誌の言及

【写真】より

… 写真というメディアはこのようにして,人間のコミュニケーションあるいは情報伝達の場において,一つの重要な地位を占めることになるのであるが,この記録するものとしての写真は,大量複製手段である印刷メディアと結びつくことにより,さらに開花することとなる。それはいわゆるグラフ雑誌の出現である。アメリカの《ライフ》誌(1936創刊)を代表とする世界的なグラフ・ジャーナリズムの盛況は,多くの意欲ある写真家に活躍の場を与えるとともに,フォト・エッセイ,組写真といった写真ジャーナリズム独特の新しい手法・スタイルを生み出し,確立させていった。…

※「グラフ雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラフ雑誌の関連キーワードベルリーナー・ツァイトゥンクエディトリアル・デザイングラフ・ジャーナリズムバーク・ホワイトバーク・ホワイトフォト・エッセーハートフィールドウィノグランドパリ・マッチパリ・マッチ名取洋之助下中 邦彦輪転印刷機伊奈信男林 重男淵上白陽渡辺 勉ザロモン風俗画報池内淳子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラフ雑誌の関連情報