コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラブペチャーチ ぐらぶぺちゃーち

世界大百科事典内のグラブペチャーチの言及

【グラブリト】より

…初代の総局長はレベジェフ・ポリャンスキーP.I.Lebedev‐Polyanskii(1881‐1948)で,20年代についてはその活動も公表され,発禁処分の比率が年次0.3~1.0%の水準にあることも明らかにされていた。ただし作家たちからは,これは帝政時代の1865‐1917年に内務省に付属して置かれた出版総局(グラブペチャーチ)の後身と目されていた。 30年代以降は,この総局の活動が非公然化され,実態がつかみにくくなる。…

※「グラブペチャーチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android