グランドスポイラー(読み)ぐらんどすぽいらー

世界大百科事典内のグランドスポイラーの言及

【舵】より

…着陸接地後にスポイラーを上げると,主翼に残っている揚力が減って車輪ブレーキの効きがよくなり滑走距離が短くてすむ。この目的で使うスポイラーをグランドスポイラーと呼んでいる。(3)フラップflap 離着陸,低速飛行,空戦などのとき,大きな揚力を得るために下げる翼面。…

【スポイラー】より

…両翼のスポイラーを同時に上げると機を急速に降下させることができ,また片翼のみ上げると補助翼の代りとして機を横に傾けることができる。着陸接地後に揚力を減らすためのスポイラーはグランドスポイラーと呼ばれる。【久世 紳二】。…

※「グランドスポイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android