コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラーフ,A. ぐらーふ

世界大百科事典内のグラーフ,A.の言及

【ピエモンテ[州]】より

…独立期の圧政に抗議してナポリから亡命の途中,一時トリノに身を寄せた(1853‐56)文学史家F.デ・サンクティスが私的機関で行った連続講演(〈ダンテ論〉ほか)も,ピエモンテ地方の自由な学風に迎え入れられた。詩人・評論家のグラーフArturo Graf(1848‐1913)はナポリ大学を卒業後トリノ大学教授となり,83年に《イタリア文芸思潮》誌を創刊して,イタリア文学研究の基礎をピエモンテ地方に築いた。 20世紀初頭の〈黄昏(たそがれ)派〉詩人たちの頭目とされるG.ゴッツァーノはトリノに生まれ,トリノ大学でグラーフに学び,アルプス山脈を背景にピエモンテ地方の風物を詩や童話に定着させた。…

※「グラーフ,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android