コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジア軍道 ぐるじあぐんどう

世界大百科事典内のグルジア軍道の言及

【ウラジカフカス】より

…1931年までウラジカフカス,1931年革命家G.K.オルジョニキーゼにちなんでオルジョニキーゼOrdzhonikidzeと改称,44‐54年にはジャウジカウDzaudzhikauと称されたが,54年オルジョニキーゼに復し,90年現名となる。1784年カフカス山脈を越えグルジアのティフリス(現トビリシ)に至るグルジア軍道(1799開通)の起点の要塞として建設,その名ウラジ(〈支配〉の意)カフカスが象徴的に示すように,ロシアがカフカス諸民族を軍事的に支配するための拠点であった。市となったのは1860年,十月革命前はテレク州の州都。…

※「グルジア軍道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グルジア軍道の関連キーワードウラジカフカス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android