コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーリャン こーりゃん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーリャン

モロコシ(蜀黍)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコーリャンの言及

【雑穀】より

… アフリカ起源の雑穀のうち,モロコシはサハラ砂漠の南縁に沿ったかなり広い地域で栽培化されたもので,今なおこの大陸では主食料としての地位を失っていない。アフリカから紀元前2000年ころインド亜大陸に伝播し,とくにアジア東北部でコーリャンと呼ばれる特殊な品種群が成立している。シコクビエはエチオピア高原からウガンダにかけての高原に起源をもつ雑穀で,モロコシと同じく古い時代にインドに伝播した。…

【モロコシ(蜀黍)】より

…モロコシは変異が大きく,いくつかの系統群に分けられる。中国北東部で発達したコーリャン(高粱)は,草丈高く,密穂型が多く,品種は300を越え,日本のモロコシもこの系統群のものである。中央アフリカで発達したマイロは,穂が卵形となる密穂型で,粒が大きく,穀実用としてすぐれ,品種改良が進んでアメリカを中心として,世界での栽培量が最も多い系統群である。…

※「コーリャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コーリャンの関連キーワードツァオチョワン(棗荘)特別市ショワンチョン(双城)市マオタイチュウ(茅台酒)ヨンチョワン(永川)市クーユワン(固原)地区コーリャン酒(高粱酒)チヤンチン(江津)市フェンチュウ(汾酒)コーリャン(高粱)酒シーリヤオ(西遼)河ツンホワ(遵化)県白酒(パイチュウ)アンター(安達)市ラオチュウ(老酒)タオナン(洮南)市クー チャンウェイランカオ(蘭考)県グレンソルガム紅いコーリャンイエンチョウ県

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーリャンの関連情報