コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化合物

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シアン化合物

非常に強い物で、金属の精錬や焼き入れ、めっき製造時などに使われる。一定量を摂取すると急性中毒症状による頭痛やめまい嘔吐(おうと)などの症状を引き起こし、高濃度であれば死に至ることもある。

(2008-10-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内のシアン化合物の言及

【青酸中毒】より

シアン化水素(青酸HCN),シアン化カリウム(青酸カリKCN),シアン化ナトリウム(青酸ソーダNaCN)などのシアン化合物による中毒をいう。シアン化合物は服用,接触,吸入によって,胃や気道,皮膚から体内に吸収され,血液中のヘモグロビンと結合してシアンヘモグロビンとなって,酸素とヘモグロビンの結合を阻害する。…

※「シアン化合物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアン化合物の関連キーワードシアン化ナトリウムチオ硫酸ナトリウムパーキンソン症候群シアノコバラミンビタミンB17シアン化水素酸有機化合物青酸化合物有害物質青酸中毒築地市場排水基準解毒剤シバナ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シアン化合物の関連情報