シェル文化(読み)しぇるぶんか

世界大百科事典内のシェル文化の言及

【アブビル文化】より

…握りの部分とするため,一部に素材の原礫面が残されている。この文化は最初モルティエによってシェル文化と命名されたが,提示されたシェルChelle遺跡の遺物が二次堆積のものであったため,H.ブルイユは標準遺跡をアブビルに変えたのである。現在では,シェル文化の名は,アフリカの一部について用いられるだけである。…

【シェル・アシュール文化】より

…19世紀以来,フランスの二つの標式遺跡にちなんで,その前半は粗製のハンド・アックスをもつシェルChelles文化,後半はより発達した石器を作り出したアシュール文化として区分されてきた。しかしその後,シェル遺跡の石器はアシュール文化のものが主体を占めていることが明らかになり,シェル文化の用語は,ヨーロッパではソンム河岸の遺跡名をとってアブビル文化に置き換えられた。アフリカでは,1947年の汎アフリカ先史学会議で,ヨーロッパと同時代のハンド・アックス文化をシェル・アシュール文化と命名することが決議され用いられてきたが,現在ではすべての段階をひっくるめてアシュール文化と呼び,そのうちアブビル文化にあたる初めのいくつかの時期を,アシュール前期とする考え方が強くなっている。…

※「シェル文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android