コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シダ状種子植物 しだじょうしゅししょくぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シダ状種子植物
シダじょうしゅししょくぶつ

ソテツシダ類」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシダ状種子植物の言及

【シダ植物(羊歯植物)】より

…現生のシダ類の大部分は薄囊シダ類であるが,この仲間は中生代のジュラ紀以後に急速に分化してきたもので,発展してきたのは被子植物とほとんど同時代である。大型爬虫類が繁栄していた中生代をシダ植物の時代などということがあるが,このころには,裸子植物の一群であるシダ状種子植物(シダ種子類)が繁茂しており,薄囊性のシダ類はまだよく分化していなかった。 ゼンマイ科は真囊シダから薄囊性のシダ類が分化してきた分岐点に位置する群で,二畳紀にはすでに出現していた。…

※「シダ状種子植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シダ状種子植物の関連キーワードリギノプテリス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android