ジュマ法(読み)じゅまほう

世界大百科事典内のジュマ法の言及

【窒素定量法】より

…【和田 秀徳】 有機態窒素の定量法は数多くの研究があるが,そのなかでも最も多用されているデュマ窒素定量法とケルダール窒素定量法について述べる。(1)デュマ窒素定量法 ジュマ法ともいい,J.B.A.デュマによって創始された燃焼反応を利用するガス分析法。図に示すように,ニッケルボートに試料と粉末酸化銅を入れ,石英燃焼管系内を二酸化炭素CO2で完全に置き換えて加熱燃焼させ,生成する窒素酸化物を金属銅の層(550℃)で還元して窒素気体に変える。…

※「ジュマ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android