コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクールソーシャルワーク すくーるそーしゃるわーく School Social Work

1件 の用語解説(スクールソーシャルワークの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スクールソーシャルワーク

子供に起こる様々な問題を解決するため、子供側に立って解決をしたり、周辺の環境を整えるサポートシステムのこと。米国ニューヨーク市のセツルメントハウスでの活動が始まりとされている。米国では78年にスクールソーシャルワーカーとの肩書きで統一された。日本では81年、埼玉県所沢市において初めてスクールソーシャルワークを明確に全面に打ち出した活動を始めた。2008年、文部科学省が「スクールソーシャルワーカー活用事業」を調査研究事業と位置付け全国的に事業化した。このシステムを実施していく人をスクールソーシャルワーカーと呼ぶ。専門資格があるわけではなく、社会福祉士精神保健福祉士、教職経験者などが、自治体教育委員会私立学校などにより募集され、職についている。13年時点で、日本全国で約700人が活動しているとされる。

(2014-3-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクールソーシャルワークの関連キーワードミラーサイト折衝話し合うSII講ずる手掛り地区組織活動原因追求のロジックツリー一次的データ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スクールソーシャルワークの関連情報