コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティック型PC すてぃっくがたぴーしー stick PC

2件 の用語解説(スティック型PCの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スティック型PC

端子でディスプレイテレビに接続して使う超小型パソコン(PC)の通称。長さ100ミリ、幅40ミリ、重量40グラム程度。本体には、CPUメモリグラフィックスストレージなどを備えOSがインストールしてあり、マウスキーボードなどは必要に応じて別に用意する。2012年頃に、スマートフォンなどに用いられているAndroid OSをインストールした「スティック型Android端末」が登場した。広義には、これらもスティック型PCとされ、テレビなどに接続してインターネットアプリケーション他の諸機能を楽しめる。14年12月には、株式会社マウスコンピューター(東京都千代田区)より、Windows OSを搭載した器機が登場し、狭義にはWindowsパソコンとして用いられるこうしたタイプがスティック型PCと呼ばれている。

(2014-12-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スティックがた‐ピーシー【スティック型PC】

スティック型パソコン」に同じ。スティックPC。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティック型PCの関連情報