コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウハバノリ

1件 の用語解説(セイヨウハバノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

セイヨウハバノリ

からだは柔らかい笹の葉状で,ハバノリよ りもやや大きい。小さな盤状の付着器から数枚の笹の葉状の葉を出す。内湾などの比較的波の穏やかなところではかなり大きくなる傾向がある。成熟すると,葉 に色の濃い部分や薄くなった部分が見られるが,色の濃い部分には生殖細胞が詰っており,白くなった部分は生殖細胞を放出した跡である。生体は明褐色〜濃褐色。近縁のハバノリによく似るが,セイヨウハバノリの方がやや大形で,明るい 色をしている事が多い。顕微鏡で内部構造を観察すると,セイヨウハバノリは髄層が無色の大形細胞で構成されているが,ハバノリの髄層は無色の糸状細胞に よって構成されている。また,押し葉標本にした時,ハバノリは台紙によく付くが,セイヨウハバノリは台紙にあまり付かない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のセイヨウハバノリの言及

【ハバノリ(羽葉苔)】より

…保存はアサクサノリのようにすいて干しノリにし,これをあぶって食べるか,または水にもどして酢であえて食べる。似た海藻のセイヨウハバノリPetalonia fascia (O.F.Müll.) O.Kuntz.は体の幅が1.5~2.5cmとやや狭いこと,髄部にハバノリに見られる根様状の細胞糸がないことで区別され,ハバモドキPunctaria latifolia Grev.は体の幅が3~7cmと広いこと,体が4層の細胞で構成されることで区別できる。前者は潮間帯下部の岩上,後者は低潮線付近の他の海藻上に生育する。…

※「セイヨウハバノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone