タウニュートリノ

素粒子事典「タウニュートリノ」の解説

タウニュートリノ

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
ντ00?1/2
無限大?軽粒子
★記号★

弱い力でタウ粒子と同時に反応にあずかるニュートリノ。実験的確認は長い間できていなかったが、1998年以降、原子核乾板を使った実験で、タウニュートリノによるタウ粒子の生成反応が検出されている。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

世界大百科事典内のタウニュートリノの言及

【素粒子】より

…ハドロンのうちバリオン数0のものが中間子族で,π中間子やη,K,中間子などがある。レプトンは電磁相互作用と弱い相互作用をする素粒子で,電子eとその仲間の電子ニュートリノνe,ミュー粒子μとミューニュートリノνμ,それに重いタウ粒子τとタウニュートリノντのペアがあり,おのおのの反粒子である反レプトンもある。フォトンは電磁相互作用しかない。…

※「タウニュートリノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android