チンギス(読み)ちんぎす

世界大百科事典内のチンギスの言及

【チンギス・ハーン】より

… 今やモンゴル高原中部以東を制圧した破竹の勢いのテムジンは,引き続きオングート部を親附させ,04年ナイマン部とメルキト部を粉砕し,翌年ジャムハを処刑し,ついにモンゴル高原の遊牧民を統一した。06年彼はオノン河畔にクリルタイを開き,チンギス・ハーンという称号をとり,モンゴル帝国を建てた。彼の即位はシャーマンの神託によるとされ,チンギスとはシャマニズムで天の子とされる一霊体の名に由来すると解釈されている。…

※「チンギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android