コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッサロニカ てっさろにか

世界大百科事典内のテッサロニカの言及

【テッサロニキ】より

…同名県の県都,北ギリシア大臣の駐在地であり,また工業が盛んで,毎年開かれる国際見本市でも知られている。古代での呼称はギリシア語でテッサロニケThessalonikē,ラテン語でテッサロニカThessalonica。前316年,当時マケドニアを支配していたカッサンドロスKassandrosが,マケドニア東部,テルメ湾の奥のテルメThermēを中心に,周辺の町々を統合して建設し,妻の名をとって名づけたのが始まりで,海陸交通の要地として発展した。…

※「テッサロニカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

テッサロニカの関連キーワードエウスタチオス[テッサロニカ]テオドロス[ストゥディオス]キュリロスとメトディオスデメトリオス・キュドネスシメオン[テッサロニカ]マケドニア内部革命組織アナスタシウス2世アンドロニクス1世ニケフォルス1世テッサロニカ公国ハルメノプロスヨハネス5世ニカイア帝国マヌエル2世ヨハネス3世テッサロニキヨハネス7世カメニアテスヨハネス8世キュドネス

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android