ディアナ号(読み)でぃあなごう

世界大百科事典内のディアナ号の言及

【伊豆国】より

…下田は即時開港となり,米艦隊7隻が入港,欠乏品供給を名目に事実上の貿易が始まった。米艦が去ると露使プチャーチン搭乗のディアナ号が入港し,日露和親条約が調印された。また,安政の津波で大破したディアナ号の代船を西海岸の戸田(へだ)村で建造した。…

【ゴロブニン】より

…晩年は中将にまで昇進し,主計総監としてロシア海軍力の増強に尽くした。1807年三檣船ディアナ号の艦長として極東に向かい,11年南千島海域を測量中,国後(くなしり)島で部下たちとともに日本側の捕虜となる。1806‐07年に一部のロシア軍人がサハリン(樺太),択捉(えとろふ)島などで日本の番所を襲撃する事件があり,幕府は蝦夷地の防備を固めていたのである。…

※「ディアナ号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報