コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーブイディーラム DVD-RAM

大辞林 第三版の解説

ディーブイディーラム【DVD-RAM】

〖DVD Random-Access Memory〗
繰り返し書き換え可能な DVD メディア。また、その規格。コンピューターの外部記憶装置などに利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のディーブイディーラムの言及

【記憶装置】より

…1953年に開発されてから20年間,主記憶装置の主流だったが,その後,半導体にとって代わられた。DVD-ROM(ディーブイディーロム),DVD-RAM(ディーブイディーラム),DVD-R(ディーブイディーアール)DVD-ROMはディジタルビデオディスク(DVD)とほぼ同じ媒体であり,レーザー光を使ってデータを読み出す。両面に各2層ずつ記録することができるが,片面1層の場合,容量は4.7ギガバイトである。…

※「ディーブイディーラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーブイディーラムの関連キーワードHD DVDブルーレイ・ディスクBlu-ray DiscDVD記録型DVD次世代DVDDVDスーパーマルチドライブDVDハイパーマルチドライブDVDマルチドライブDVDマルチドライブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android