コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーブイディーラム DVD-RAM

1件 の用語解説(ディーブイディーラムの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ディーブイディーラム【DVD-RAM】

〖DVD Random-Access Memory〗
繰り返し書き換え可能な DVD メディア。また、その規格。コンピューターの外部記憶装置などに利用される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のディーブイディーラムの言及

【記憶装置】より

…1953年に開発されてから20年間,主記憶装置の主流だったが,その後,半導体にとって代わられた。DVD-ROM(ディーブイディーロム),DVD-RAM(ディーブイディーラム),DVD-R(ディーブイディーアール)DVD-ROMはディジタルビデオディスク(DVD)とほぼ同じ媒体であり,レーザー光を使ってデータを読み出す。両面に各2層ずつ記録することができるが,片面1層の場合,容量は4.7ギガバイトである。…

※「ディーブイディーラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーブイディーラムの関連キーワードブルーレイ・ディスクBlu-ray DiscDVD記録型DVD次世代DVDDVD-RWDVD-RW2層記録DVDHD DVDDVD

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone